Safari ~前編~

Safari話の前に、
ちょっと キリマンジャロのおまけ。

キリマンジャロから下山してきた日、
2人のスーダン隊員と、
日本からのお友達と合流。

なんだかよく分からないけど、
会えた時
めちゃくちゃ嬉しかった!!

現実世界に戻ってきた感じがして、
すごく懐かしかった!!

不思議な感覚だったなぁ。 

きっと
極限の状態だったんだろうなぁ。

見慣れた顔を見て、
すごくほっとした。

山って不思議だなぁ。
現実にいながら、
非現実を感じることが出来る。

この感覚は、
日本で
近所の普通の山に登った後も
いつも感じる 不思議な感覚。

いやぁ、
やっぱり山、好きだぁ!!
 
どんな形か想像できないけれど、
何らかの形で、
お山の近くで
お山に関わって生活したいなぁと
改めて思ったのでした!!

さて、下山した日の夜。

お世話になったガイドさん達と一緒に
飲んで 食べて、
登山証明書を
贈呈していただきました!!

f:id:ta---ke:20181114025512j:plain
お食事のメニューは、
シマ & 豚肉 & ビール!!! 

f:id:ta---ke:20181114025537j:plain
イスラム教の国 スーダンでは、
豚肉 & お酒を
普通に買う事ができないので、
本当に 美味しい!!! 最高!!!

そして、
お宿に戻ってお喋りして…
ってしていたら、
すぐに夜中。。。

でも、
次の日は 朝6時出発で、
サファリツアーへ!!!
という 超ハードスケジュール!! 笑


檻の中じゃなくて、
大自然中を動き回っている
動物達を見てみたいなぁ。

ライオンキングみたいな景色を
見てみたいなぁ。
(もちろん予習として鑑賞)

弱肉強食 自然の摂理を
肌で感じてみたいなぁ。

そんな事を、
いつから思っていただろう。

まさか、本当に行ける日が来るなんて!!

行きたい!! と言いながら、
実現すると思っていなかった
自分に気づく!!

いやぁ、本当に幸せ者です☆ 


サファリ1日目!!

キリマンジャロの麓の街
モシを出発して、
隣町のアルーシャで
お昼ご飯のランチボックスを受け取り、
ひた走ること、約4時間。

National Parkの入り口に到着!!

f:id:ta---ke:20181114025643j:plain道中は
もちろん 爆睡だったので
あまり写真がありませんが…
街の雰囲気は、こんな感じ。

f:id:ta---ke:20181114025556j:plain
街じゃない所は、こんな感じ。

f:id:ta---ke:20181114025618j:plain

約3時間の
Game Driveスタート!!

ライオン ダチョウ しまうま きりん
象 ワイルドビースト インパラ
ウォーターバックル バブーン サル

次々と動物が見れるので、
驚きました!!

「あれ、あれ!!
 あの遠~くに見えるの、動物だよ!!」

ぐらいの 感じで
見えるのかなぁと思っていたのに、

f:id:ta---ke:20181114025726j:plain

f:id:ta---ke:20181114025749j:plainこんな感じで見れるもんだから
大興奮!!!

でも 一応、
こんな感じでポーズはとってみる♪

f:id:ta---ke:20181114025707j:plain
ここは 動物の楽園の 縮図?! 

f:id:ta---ke:20181114030109j:plain
もうすでに 大満足!!!

Park内の高台で、
おサルさんに 食べ物を取られながら
ランチをとって、
この日のGame Driveは終了。

次の目的地近くまで 約2時間の移動。

この日のお宿は、
こんな素敵なロッジ

f:id:ta---ke:20181114030014j:plain
の庭にあるテント♪

f:id:ta---ke:20181114031905j:plain
サファリツアーも、
コックさんが
ずっと 一緒に移動して、
美味しいご飯を作ってくれるので

f:id:ta---ke:20181114025838j:plain
至れり尽くせりです!!!

翌日は
朝が ゆっくりだったので、
タンザニア産のワイン!!

f:id:ta---ke:20181114032634j:plain偶然の巡り合わせで
一緒に旅をすることになった
友人達と共に。

数年前には、
想像すらできなかった事が
次々と起こる!!
とってもオモシロイ!!

人生って、何が起こるか
本当に分らないものだなぁ。
とか、思ったり。

眠る前から夢をみているような
不思議な気持ちで
楽しい夜が更けていくのでした♪


写真が多くなってしまったので、
今回は ここまで!!

次回、
Safari ~後編~ をお届します!!
では また☆


** “スーダン日本語ラジオ” 情報!!**
第9回
 “犠牲祭(العيد الأضحىイード アル アドハー)
 について ~その③~”
を投稿しました!!

URL↓↓↓
http://sudannihongoradio.seesaa.net/article/462260150.html

Pod castからも聞けます!!
お時間ありましたら、
ぜひ聞いてみて下さい☆

ももちゃんへの質問は、
引き続き 受け付けております♪

ドシドシ ドシドシ お寄せ下さい!!
お待ちしております(^ ^)/

Mt.Kilimanjaro

今日は、近隣諸国に遊びに行った話!!

以前に、
スーダンからは
“エジプト・ヨルダン・エチオピアしか
行く事が許可されていない”
と、言ったことがありますが、

今年の6月に、
ウガンダタンザニア
追加されたんです!!

昨年、エチオピアとヨルダンに行ったので、
エジプト・タンザニアウガンダ
行きたい!!

でも、一年間に
任国外に出れるのは
20日間だけ。

うぅ~ん、どうしよう。。。
全部行きたいけど、
日数が足りない!!!
という、贅沢極まりない悩み(- -;)

結局、ウガンダを諦めて
タンザニアとエジプトに
行ってきました♪


まずは、タンザニアについて☆

タンザニアと言えば、
アフリカ最高峰 Mt.Kilimanjaro!!!

日本から行く事を考えると、
時間的にも
金銭的にも
一緒に行ってくれる人を探すにも
いろいろと難しい!!

高額なツアー代金ですが…
今しかない!!!

ということで、行って来ました!!

夜中にスーダンを出発し、
次の日の朝、
キリマンジャロ空港へ到着。

そこからは、
ツアー会社にお任せしっぱなし。 

翌日からの登山に向けて、
上から下まで
一式をレンタル。

f:id:ta---ke:20181030040846j:plain

登山の行程は、
5泊6日。
ロンガイルート!!

テント泊で、
キリマンジャロ山の北側(ケニア側)から
最高峰ウフルピークを眺めながら
テクテク歩けるコース。

私達3人のために、
ポーターさんが15人くらい!!
荷物も、盛沢山!!

f:id:ta---ke:20181030040819j:plain
テントや水、
食材 私達の荷物 などなど
全てを運んでくれます!!!

一人20㎏までと決められているので、
出発前に、荷物測定。

f:id:ta---ke:20181030041117j:plain
重たい荷物を背負っているのに、
恐ろしく歩くのが早い!!!
スゴイ!!! 

f:id:ta---ke:20181030041101j:plain

4日間かけて、
徐々に高度を上げていきます。

出発地点は1950m。

4日目のお昼過ぎに
最高峰ウフルピーク麓のキャンプ
4700m に到着します。

道中の景色、
もう~本当に 最高!!!

f:id:ta---ke:20181030041107j:plain

f:id:ta---ke:20181030041154j:plain

f:id:ta---ke:20181030041131j:plain
テント生活って
自然の中に
お邪魔している感じがして、
いいですよね~(> <)

f:id:ta---ke:20181030040939j:plain

山 だからこそ 見ることが出来る
こんな景色も!!!

f:id:ta---ke:20181030041031j:plain

f:id:ta---ke:20181030041008j:plain

そして、
栄養補給できるよう 考えられた
めちゃめちゃ美味しい食事!!!

f:id:ta---ke:20181030040759j:plain
食料調達ができない
山の中なのに、
なぜか いつもの生活より
いい物を食べているという
何とも不思議な状況。

4日目、
お昼過ぎにキャンプ地に到着して、
ウフルピーク(5895m)を眺める!!!

f:id:ta---ke:20181030040910j:plain
17時半頃に
早目の 夜ご飯を食べて
一旦 就寝。

23時に起床して、
軽く ビスケットをつまみ

23時半、
最高峰ウフルピークに向けて出発!!!

今となっては
楽しい思い出になっていますが、
かなり 高山病にやられていた私。

ここからの 記憶は
ほとんど ございません(^^;)

ただ、
1時間ごとにある
休憩の度に嘔吐して、 

座るたびに、
“この綺麗な星空を
 ここで ずっと見ていたい~
 =動きたくない”

と、思っていたことは確か。

f:id:ta---ke:20181030041056j:plain
頂上付近には、
氷河が残っています!!

まぁ、どうにか こうにか
ウフルピークに到着!!!

f:id:ta---ke:20181030041052j:plain

そして、
麓のキャンプに戻ったのが、
10時頃。

お昼ご飯&休憩の後、
高度を下げるため
4時間移動して、 ホロンボ小屋(3720m)まで。

という、ハードな5日目。

6日目、最終日。
日焼けと、
細胞の衰えと
達成感が半端なかった!!!

キリマンジャロに登ったよ!!
っというか、
4~5日目に関しては、

“引きずられてきたよ!!”

という表現の方が
正しいような状況でしたが、

本当に貴重な体験ができました!!!

いやぁ、本当に行って良かった!!!
また行きたい!!!
って、今は思えます(^^)/


登山翌日から、
サファリツアーへ!!
次回、ご報告します☆



** “スーダン日本語ラジオ” 情報!!**
第8回
 “犠牲祭(العيد الأضحىイード アル アドハー)
 について ~その②~”
を投稿しました!!

URL↓↓↓
http://sudannihongoradio.seesaa.net/article/462258525.html

Pod castからも聞けます!!
お時間ありましたら、
ぜひ聞いてみて下さい☆

ももちゃんへの質問は、
引き続き 受け付けております♪

どんな事でも構いません!!
一人、何個も質問して下さって構いません!!

ドシドシ ドシドシ お寄せ下さい!!
お待ちしております(^ ^)/

最近 “ガクッ” てなった話

こんにちは!!

活動先で、
リハビリをしている時の話。

いつもより
患者さんの足の筋肉が柔らかくて、
関節の動きが良かったので、
どうしたのかなぁと思って、

「今日、筋肉が柔らかくて
 イイ感じだよ!!
 何か 変わった事があった??

って聞いたら、

患者さんのお母さん
真顔で、
 
「 マーフィー ジャディード。
 (何も変わった事はないよ)
 
アル ハムド リッラー!!
 
(神様のおかげだねっ!!)

って……お~いっ!!!
んじゃ、リハビリいらんや~んっ!!!
理由を考えようよ~!!!

ツッコミどころ 満載で,
楽しい 毎日を過ごしております♪


悪い時は、
どうにかしてって言うのに、
良い時は、神様のおかげなのよね。。。

神様は偉大です。

そんな偉大な神様を
少しだけ 妬んだ(?!)
夏の午後 でした(^ ^;)/

結婚式☆

結婚式にお呼ばれしてきました!!

日本語学習者の女の子の
お兄さんの結婚式。 

日本では
お声がかからないくらいの
関係性の 薄~い感じですが…

知り合いみんなが 参列できるような
ラフな雰囲気なんです!!

以前にも
スーダンの結婚式を
ご紹介したことがありますが、
今回は、ちょっと違う!!

現代版、豪華結婚式!!

噂には聞いていたのですが、
参列させて頂いたのは、初めてでした☆

本当は、 上から下まで
しっかりドレスアップして
行くべきなのですが…

f:id:ta---ke:20180930185222j:plain
こんな格好で
ゴメンナサイ(> <)

急だったもので…
お許しください!!

会場は、こんな所。

f:id:ta---ke:20180930185233j:plain
こんな感じの 貸しホールが
街の中心部には
いっぱいあります。

ここの周辺にも、
5つくらい 隣接していました。

日本と違うところ。
それは、男女別のお部屋!!

こちら 女性用の会場です!!

f:id:ta---ke:20180930185247j:plain新郎新婦が入場するまで
自由な感じで 寛いでおります!!

こんな風に
男性用の会場が、
テレビに映るようになっています。

f:id:ta---ke:20180930185238j:plainお食事をいただきながら、
しばし待ちます。 

15時からだよ!!
って聞いていたけど、
迷ってしまって 16時到着(^^;)

まぁ、問題ない様子です。


新郎新婦、女性用会場に入場!!

残念ながら、
新郎新婦の写真撮影は禁止です!!

f:id:ta---ke:20180930185308j:plain

真ん中の椅子に並んで座り、
みんなが、お祝いの挨拶をしにいきます。

そして、
いい香りのお香がたかれて

ブーケトス
ではなく
お菓子トス!!

“ ゲットできた人は、次に結婚できる ”
ようです☆

その後、
新郎は 男性用会場に入っていきます。

17時、終了!! 

バンドを呼んで生演奏があったり、
歌&ダンスの時間が長かったり。

夜遅くまで 盛り上がる式もあるようですが、
先日、ご親戚に ご不幸があったそうなので
自粛中。

ということで
サッパリした感じの式でした。

写真を撮りにくい雰囲気だったので、
伝わりにくくて 残念ですが… 

華やかに ドレスアップした
スーダン人女性達は
なかなかの見物で、
楽しかったです(^^)/

バァウードォ!!ドゥッバーン!!

こんにちは☆

砂漠の国スーダンですが、
ただ今 雨季。

ここハルツームは、
去年より 雨が少ないようにも思いますが、
10日に1度くらいは、
ザーッっと降ります。

そして、
道が 川に変わり、
空き地が湖になります。

f:id:ta---ke:20180908205215j:plain

いつもは10%程度の湿度も、
50%くらいまで上がり、
蒸し暑さを 懐かしむことができます。

そして、
バァウードォ と
ドゥッバーン が増える!!!

何か分かりますか?

バァウードォは、“蚊”
ドゥッバーンは、“ハエ”
です。

バァウードォ(蚊) は、
正体を 粗方知っている。

普段は、蜜や植物の汁を食べていて、

産卵期のメスが、
卵を発達させるために
必要となるタンパク質を
摂取するために吸血する。

蚊の唾液には、
刺した時に バレないように
麻酔成分が含まれていたり、

吸っている間に 血が固まらないように
血小板凝固を防ぐ成分も含まれいて、

この唾液が体内に残って、
“痒み” を引き起こす。

もちろん、“痒い” のは嫌だけど、

いろんな策を練りながら、
子孫を繁栄させるために
命がけで 血を吸いにきている!!

と、思うと
“仕方がないな” って思えるんです(^^;)


一方のドゥッバーン(ハエ)、 
彼ら のこと 嫌いなんですよ (T T)

涼しい木陰で、
ゆっくりとティータイム。
は、とても好きです。

ハエがいなければ!!!

エアコンが壊れている自宅は、
お外の方が涼しい事があります。

お外に座って、
みんなとおしゃべりを。
は、とても好きです。

ハエがいなければ!!!

もう、さっさ
ハエのいない 自宅に帰りたくなる!!!

自分の周りに
特に 顔とかに寄ってくる 彼ら に対し、
不覚にも イライラしちゃうんです!!!

なんで、イライラするのか…

そう!!
彼ら ドゥッバーン(ハエ)が、
なんのために 私の所に寄ってくるのかが
分からないからっ!!!

まずは、
相手の事を 知ることが大切です。

ということで、
調べてみました(^^)/

まずは、
彼ら ドゥッバーン(ハエ) の食べ物。

『家庭の生ゴミや、畜舎や便、腐敗(発酵)し
 た果物や樹液・そこに育つ酵母を食べます』

ほぅほぅ!!
だから、
湿度が上がって
物が腐りやすいこの雨季に、
増えるような気がするのね。。。

じゃぁ なんで
こんなに広い空間の中で
わざわざ 私に寄ってくるんだぃ?!

『エサにする樹液は黒色。
    腐った野菜・果実も黒っぽく変色する。
    だから、本能的に黒色の物をエサと視覚
 認識する傾向にある

まぁ、確かに最近
日に焼けて、黒くはなってきたなぁ。

『ハエは明るい場所に飛んで行く習性がある』

自分は、イイ風が入ってくる場所に
よく座っているからなぁ。
要するに、窓の近くで
他の所より 明るい場所だ。

私に ハエが 
寄ってきているのではなく、
私が ハエに
寄って いっている?!

『ハエは、ニオイに寄り付きます』

『エサである樹液の 甘い香りが好きです』

うんうん。そうか。

『エサである家庭の生ゴミや、畜舎や便、
 腐敗(発酵)し
た果物のニオイにも
 寄ってきます


え?!
えぇ~と…
それに 近い
ニオイがしてるって事?! ( ̄ロ ̄lll)

さらに、調べてみると
ハエはO-157サルモネラ菌などの病原菌も持っているので、小さくても危険な害虫です
とのこと。

やっぱりね…
清潔なはず ないよね。

さらに、
ハエの寿命は1ヶ月半程度。
 1回に50個から150個の卵を産む。
 1匹のハエは一生に500個の卵を産む。
 1匹見つけたら数百匹のハエが
 大量発生する恐れがある。』

今、ぞぞぞぉ!! って した(- -;)


はぁ。。。
イイ勉強になったよ。

まとめると、

彼ら ドゥッバーン(ハエ)は、

私に寄ってくる必要はないのに、
間違って 私に寄ってきている。

その理由は、

エサである家庭の生ゴミや、畜舎や便、
腐敗(発酵)し
た果物のニオイがするから。

どうやら、問題は
私の方にあるようです(- -;)

ハエ君、
紛らわしくて ゴメンよ。。。

クク動物園♪

こんにちは☆

猛暑が過ぎ去ったと思ったら、
今度は  台風や地震
日本を襲っているようですね。

自然の力の大きさを 感じます。。。

話を聞いていると、
ここスーダンでも、
暑くなかったり  雨が多かったり…
以前と違うぞ!!
って事が あるようです?!

至るところで、異常気象。

油断禁物、万全の備えを。

そして、被災された方達が
一日も早く 日常の生活に戻れる事と、
亡くなられた方達のご冥福を
心より お祈り申し上げます。



さて、今日は
ハルツームのレジャー施設、
動物園をご紹介します!!

ちょっと前、
新隊員が首都で研修をしている時に
みんなで遠足(?!)に行きました♪


場所は、
ハルツーム州の北東部 “バハリ” 。

f:id:ta---ke:20180908200418j:plain

道に案内看板があるのを、
ここスーダンで初めてみました!!!

外観は、こんな感じです!!

f:id:ta---ke:20180908201237j:plain


チケットを窓口で購入。

f:id:ta---ke:20180908201457j:plain

f:id:ta---ke:20180908201514j:plain15ポンドなり。

入口の所に、
注意書きがあります。

f:id:ta---ke:20180908201631j:plain

“イチャイチャしてはいけませんよ”
“男女が手を繋いではいけませんよ”
とかが、書いてあるそうです!!

ここスーダン
大人の男同士 女同士が
手を繋いでいるのは
よく見かけるんですけどね(^^;)

男女はダメなんですね。。。
さすが、ムスリミーン!!!
(
イスラム教の人”の複数形)

園内はこんな感じ!!

f:id:ta---ke:20180908201855j:plain

ライオン ワニ サル クジャク
ハイエナ ジャッカル ウマ・・・
思ったより たくさんいました!!

動物だけじゃなく

f:id:ta---ke:20180908202744j:plain

こんな乗り物や、

f:id:ta---ke:20180908202018j:plain

こんな乗り物。

f:id:ta---ke:20180908202046j:plainいつ鎖が切れるかな?!と、
ある意味 スリル満点の
やたらとグルグル回る
こんな乗り物があったりします(^^;)

これ、乗りたかったのに…

f:id:ta---ke:20180908202205j:plain大人はダメって言われた(T T)

f:id:ta---ke:20180908202305j:plain

お土産屋さんがあったり、

f:id:ta---ke:20180908202414j:plainカフェがあったり。

有名人と記念撮影もできます!!

f:id:ta---ke:20180908202647j:plain

こわっ!!!

f:id:ta---ke:20180908202648j:plainこわっこわっ!!!
あははははっ!!!
 

お弁当を持って、
芝生でのんびり!!

なんてのも、いいですね~♪

混み合う事は
なさそうな様子でしたので…
いつ行っても、
のんびり楽しむことができると思います!!

お勧めです♪
とっても楽しい遠足でした(^^)/

犠牲祭後の道

こんにちは☆

日本は、朝晩が涼しくなってきたと
聞いております!!
みなさん、いかがお過ごしですか?

自分は…
ちょっと更新が滞り気味でしたね。
イカイカン!!
気合 入れ直します(^^)/


スーダンは 
最大のイベント“犠牲祭”が終わり、

遠い田舎に帰省していた人達も
やっとこさ 戻ってきて、
日常のペースに戻ってきました!!
=活動先の職員が全員揃うようになり
 患者さんが来院されるようになった(^^;)

今年も、皆々様のおかげで
犠牲祭を満喫させていただきました!!

羊くん が、綺麗に捌かれる様子などは、
去年のブログ  “イード初日☆”
をご覧ください(^^)/

今年も、見事でした!!!

肝臓・胃・心臓・腎臓など、
余すところなく 食べつくすのですが、

生モノも、臓物も苦手なワタクシ。

貴重な経験だから
チャレンジしよう!!
と思っていたのですが、
今年も手を伸ばすことが
全く できませんでした。

唯一食べたのは、茹でた腎臓!!!
 

食感が・・・
硬めのムースを食べたような、
シトーっとした歯触り。

苦手でした。


今年の犠牲祭で、
ぜひ紹介したかったのは、
去年 写真を撮り忘れた コレ!!

f:id:ta---ke:20180905021655j:plain

何だか分かります??

f:id:ta---ke:20180905021610j:plain

そう!!
いたるところに、
羊くんの 変わり果てた姿!!!

たまに、こんなのも
転がっています。

f:id:ta---ke:20180905021631j:plain

犠牲祭後、道を歩いていると
結構な数の 毛皮が
道に転がっています。

なんでココ?!
って言うような
本当に車道脇の普通の道に。

乾燥して カッラカラ!!  

そして、数日経つと消えてるんです!!

誰かが お掃除してるのは
見た事がないので。。。

そのうち、粉々になって
風に吹かれていくんですかねぇ?!

自然の物は 土に還る。

そして、

f:id:ta---ke:20180905023829j:plain人工物は、ずっと残る(^^;)

自然ってすごいなぁっと
感激しながら、

砂の色と一体化して
見分けのつきにくい 羊くんを、
踏まないように
避けながら歩く 
犠牲祭後の道  でした!!